肢体不自由養護学校における40年間の言語訓練の変遷  [in Japanese] Speech-Language Services in a Special School : Reviewing the Last Four Decades  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

私たちの所属している堺養護学校は創立より40周年を迎えた日本で2番めに古い肢体不自由校である.言語訓練については理学療法,作業療法と同様にその草創期より約40年間実施してきた.40年の間にはリハビリテーションの考えが社会的背景とともに変化し,言語訓練の内容もその影響を受けてきた.その40年間を4期に分け,I,II,III期の言語訓練が現在の訓練内容にどのように影響してきたのかをふり返ってみた.

Journal

  • THE JAPANESE JOURNAL OF COMMUNICATION DISORDERS

    THE JAPANESE JOURNAL OF COMMUNICATION DISORDERS 15(2), 88-95, 1998-08-30

    Japanese Association of Communication Disorders

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008101900
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10091280
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09128204
  • NDL Article ID
    4553207
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL Call No.
    Z7-1914
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top