親が子どもを援助するために必要なこと : 高機能自閉症児の親として  [in Japanese] What is Necessary for Parents to Help Their Handicapped Child? : An Opinion of a Parent Who Has a Child with High Functioning Autism  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

コミュニケーションに問題のある発達障害児を我が子にもった場合,親はどうすれば子どもをうまく援助できるのだろうか.親や周囲のどんな要因が,子どもを支えるときに大切になるのだろうか.本稿では,高機能自閉症児の親であり,コミュニケーション援助の仕事にも就いている筆者が,自らの経験を通じて考えたことを述べることにする.親が子どもを援助するときに大切になるのは,(1)子どもの障害をいかに受けとめるか.(2)子どもや親自身にとって必要な情報をうまく収集し,活用できること.(3)共に支え合える仲間(親)の必要性.(4)家族の理解と支援.(5)信頼できる専門家の支援.(6)子どもの状態をうまく理解し,それに合った援助をすること.(6)親が学ぶこと等である.ここでは,子どもを援助するときに,親側のどのような要素が重要となるかを考えるとともに,親が専門家に望むことについてもふれてみたい.

Journal

  • THE JAPANESE JOURNAL OF COMMUNICATION DISORDERS

    THE JAPANESE JOURNAL OF COMMUNICATION DISORDERS 16(2), 109-114, 1999-08-30

    Japanese Association of Communication Disorders

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008102045
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10091280
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    09128204
  • NDL Article ID
    4855177
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL Call No.
    Z7-1914
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top