Self Ligation Mediated Polymerase Chain Reactionの開発とその有用性 : 結核の分子疫学における菌株のDNA指紋の迅速識別法 USEFULNESS OF SELF LIGATION MEDIATED POLYMERASE CHAIN REACTION : A RAPID METHOD FOR FINGERPRINTING IN MOLECULAR EPIDEMIOLOGY OF TUBERCULOSIS

Access this Article

Author(s)

    • ルフル アミン RUHUL Amin
    • 大阪大学大学院医学系研究科バイオメディカルセンター臓器移植学研究部 Divisiono of Organ Transplantation, Biomedical Research Center, Osaka University Graduate School of Medicine
    • 多田羅 浩三 TATARA Kozo
    • 大阪大学大学院医学系研究科社会環境医学講座 Department of Social and Environmental Medicine, Osaka University Graduate School of Medicine
    • 白倉 良太 SIRAKURA Ryota
    • 大阪大学大学院医学系研究科バイオメディカルセンター臓器移植学研究部 Divisiono of Organ Transplantation, Biomedical Research Center, Osaka University Graduate School of Medicine

Abstract

結核菌の中に挿入されているDNA断片<I>IS6110</I>をプローブとしたRFLP分析が結核の疫学や診断の強力な手段の1つとして利用されている。しかし, RFLP分析を行うにはDNA量が1 micro-gram以上必要であり, 検査結果が出るまでに2日を要する難点がある。そこで, われわれはこの不便さを克服するためにPCRの技術を利用した新たな検査方法であるSelf Ligation Mediated Polymerase Chain Reaction (SL-PCR) 法を開発した。この方法は, <I>IS6110</I>の内側から外側向きに配列した1対のプライマーを用いるものである。DNA断片の<I>IS6110</I>を制限酵素Sau 3A Iを使って分解し, PCR法を使って増幅させ, 結核菌の染色体のDNAと結合させる方法である。この方法を用いることにより, 結核菌の株を8時間以内で識別することが可能となる。今後, 結核患者の接触者調査や結核蔓延状況の解明などのスクリーニング検査法としても活用しうる方法である。

Restriction fragment length polymorphism (RFLP) analysis based on the insertion sequence <I>IS 6110</I> has been used as one of the powerful tools for epidemiological study of tuberculosis. However this technique requires more than 1 micro-gram of DNA and two days for completion. To overcome these inconvenience, we have modified a PCR-based method, self ligation mediated PCR (SL-PCR) on the molecular epidemiological study. This method uses a pair of primers whose orientations are from inside to outside of <I>IS 6110</I>. The DNA fragments flanking IS 6110 are amplified by the PCR by using the Sau 3A I digested and ligated chromosomal DNA of <I>Mycobacterium tuberculosis</I> strains. By using this method, <I>M. tuberculosis</I> strains can be differentiated within 8hours.

Journal

  • Kekkaku(Tuberculosis)

    Kekkaku(Tuberculosis) 76(1), 9-18, 2001-01-15

    JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS

References:  23

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008112994
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00073442
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    00229776
  • NDL Article ID
    026777321
  • NDL Call No.
    Z19-133
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top