運動負荷試験誘発心室頻拍の臨床的特徴  [in Japanese] Clinical characteristics of exercise induced ventricular tachycardia during maximal exercise testing  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

運動負荷試験誘発心室頻拍 (ExT-VT) の出現頻度と臨床的特徴について検討した.93年4月から98年9月までにトレッドミル運動負荷試験を施行した連続7, 884人のうち5連発以上の頻拍が誘発されたのは上室頻拍17人, 心房粗・細動21人, ExT-VT30人であった.本研究はExT-VTの30人 (0.38%) を対象とした.そのうち5人 (0.06%) が持続性であった.ExT-VTの基礎心疾患は虚血性心疾患 (IHD) が11人, IHD以外の心疾患が7人, 器質的心疾患のないものが12人で, 基礎心疾患の有無とExT-VT出現頻度と関係なかった.IHDの心室頻拍 (VT) 波形は左・右脚ブロック型左軸偏位と左脚ブロック型正常軸, IHD以外の心疾患は左・右脚プロツク型左軸偏位, 器質的心疾患のないものは左脚プロツク型正常軸が多かった, 右脚ブロック型のVT波形, 左脚ブロック型左軸偏位のVT波形は心疾患例が多かった, ExT-VTに心臓性突然死はなかったが, 持続性VTの発生率は持続性ExT-VTが非持続性に比し有意に高かった.

Journal

  • Japanese Journal of Electrocardiology

    Japanese Journal of Electrocardiology 20(6), 619-627, 2000-11-01

    Japanese Heart Rhythm Society

References:  31

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008114337
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00358282
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    02851660
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top