迷走神経刺激心房細動誘発モデルにおけるKチャネル遮断薬nifekalantとazimilideの薬理学的効果の比較  [in Japanese] Anti-atrial fibrillation effects of I_k blockers in a canine vagotonic model  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

I<SUB>Kr</SUB>遮断薬 (nifekalant) とI<SUB>Kr</SUB>+I<SUB>Ks</SUB>遮断薬 (azimilide) の抗心房細動効果につき比較検討した, イヌ迷走神経刺激モデルにおいて薬剤による心房細動停止と再誘発の有無を調べ, 薬剤投与前後の右房単相性活動電位持続時間 (MAPD) , 有効不応期 (ERP) , 心房内伝導速度 (CV) , 興奮波長 (WL) を測定した.NifekalantによるMAPD, ERP延長効果は低頻度刺激時に比べ高頻度刺激時には減弱したが, azimilideによる延長効果は高頻度刺激時においても保たれていた, 両薬剤はCVに影響を及ぼさず, nifekalantは低頻度刺激時においてのみWLを延長したが, azimilideは高頻度刺激時においてもWLを延長した.Azimilide投与後の心房細動再誘発率は投与後に比べ低かった (17%VS75%, p<0.05) .以上からI<SUB>Kr</SUB>+I<SUB>Ks</SUB>遮断薬はI<SUB>Kr</SUB>遮断薬よりも優れた抗心房細動効果を発揮する可能性が示唆された.

Journal

  • Japanese Journal of Electrocardiology

    Japanese Journal of Electrocardiology 21(3), 300-307, 2001-05-01

    Japanese Heart Rhythm Society

References:  16

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008114755
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00358282
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    02851660
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top