T型Ca^<2+>チャネル(α1H)電流のmibefradilによる抑制  [in Japanese] The effects of mibefradil on the cloned T-type Ca^<2+> channel current  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ヒトの心臓にはL型およびT型という2種類の電位依存性Ca<SUP>2+</SUP>チャネルが存在している.このうち, T型Ca<SUP>2+</SUP>チャネルは主として刺激伝導系細胞に分布しており, ペースメーカー細胞の脱分極に関与していると考えられている, 1998年にCribbsらは, ヒト心臓由来のT型Ca<SUP>2+</SUP>チャネルα1サブユニットのcDNAをクローニングすることに成功した, そのヒト型α1サブユニット蛋白をhuman embryonic kidney (HEK) -293細胞に発現させて, 細胞全膜電流を記録した.この電流はnative T型Ca<SUP>2+</SUP>チャネルの特徴を呈し, T型Ca<SUP>2+</SUP>チャネルに選択的なCa<SUP>2+</SUP>拮抗薬であるmibefradilによって抑制された.50%抑制濃度 (IC<SUB>50</SUB>) は0.89μMであった.さらに, mibefradilによるT型Ca<SUP>2+</SUP>チャネル電流抑制の機序が活性化曲線および定常状態不活性化曲線を過分極方向へ偏位させることによるものであることが判明した.

Journal

  • Japanese Journal of Electrocardiology

    Japanese Journal of Electrocardiology 21(3), 308-315, 2001-05-01

    Japanese Heart Rhythm Society

References:  31

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008114772
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00358282
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    02851660
  • Data Source
    CJP  J-STAGE 
Page Top