心室壁表面で観察されるspiral waveの自発的分裂様式と心筋線維構造:コンピュータシミュレーションによる検討  [in Japanese] Myocardial fiber plays an important role in the spiral wave breakup patterns on the surface of the ventricular wall : A simulation study  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

【目的】心室頻拍から心室細動への移行にはspiral wave (SW) の分裂などが考えられる.しかし, 複雑な3次元線維構造を有する哺乳類心室筋においてその分裂メカニズムはよくわかっていない.本研究では心筋線維構造がSWの分裂メカニズムに与える影響をコンピュータシミュレーションにより検討した, 【方法】心筋活動電位にはLuo-Rudy-1モデルを用い, 心筋線維構造が異なる3次元仮想心室壁を構成した.S1-S2法によりSWを誘発して興奮波ダイナミクスを記録した, 【結果】心室細動ではSWが3次元的に自発的な分裂を繰り返したが, その分裂メカニズムは壁の表面において (1) 2次元的に分裂が確認できるbreakup型と (2) 新たな興奮波がわき出るような形で分裂が起こるbreakthrough型に分けられた.SWの分裂メカニズムは, 心筋の線維走行ねじれの影響, 特に興奮波前面と線維走行方向との角度の違いにより大きく変化することがわかった.【総括】心室細動の複雑な興奮伝播パターンおよび分裂メカニズムには, 3次元的な心筋線維構造が重要と考えられた.

Journal

  • Japanese Journal of Electrocardiology

    Japanese Journal of Electrocardiology 21(4), 470-480, 2001-07-25

    Japanese Heart Rhythm Society

References:  32

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008115242
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00358282
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    02851660
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top