Heart-rate turbulenceの日内変動と生理学的意義について  [in Japanese] Circadian variation and physiological significance of heart-rate turbulence after ventricular premature beats  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

心室性期外収縮 (VPC) 後の洞調律の揺らぎ―heart-rate turbulence (以下HRT) ―が心筋梗塞の新しい予後予測因子であることが報告された.HRTと幾何学的手法による心拍変動を比較し, その生理学的意義を検討した. [方法] 対象はVPCを平均50個/時間以上認めた健常者17名 (男7名, 女10名, 45.7±13.9歳) , 24時間ホルター心電図記録から得られたRR時系列データを1時間ごとに以下の解析を施行した.HRTはSchmidtらの方法によりturbulence onset (TOS) とturbulence slope (TSL) を求めた.心拍変動は1) Lorenz plotで原点0からの距離のうち, 対角線y=xに平行な成分と垂直な成分の標準偏差 (各LP-L-SD, LP-W-SD) , 2) Triangular HRV index (TI) を指標とした.LP-W-SDはr-MSSD (連続する正常洞調律RR間隔の差の平方平均の平方根) , HF (周波数領域での0.15~0.4Hzの高周波成分) と高い相関を示す, [結果] 1) TSLの53%, LP-W-SDの71%で昼間低く夜間高い概日リズムを認めた.2) TOS, TI, LP-L-SDで有意な概日リズムを認めたのは少数 (それぞれ35%, 29%, 35%) で, いずれも昼間高値であった.3) 各被験者内の相関でTSLはLP-W-SDと71%で有意な相関を認めたのに対し, TOSでLP-W-SDと有意な相関を示したのは24%であった.被験者間の比較でもTSLはLP-W-SDと有意な正相関 (r=0.747, p<0.001) を認めたが, TOSとLP-W-SDの間には有意な相関を認めなかった (r=-0.425, p=0.093) . [結論] HRTの指標の中で, TSLは心臓迷走神経活動との関連性が示唆され, 一方, TOSは心拍変動と関連性の乏しい指標と考えられる.

Journal

  • Japanese Journal of Electrocardiology

    Japanese Journal of Electrocardiology 21(4), 491-498, 2001-07-25

    Japanese Heart Rhythm Society

References:  19

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008115296
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00358282
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    02851660
  • Data Source
    CJP  J-STAGE 
Page Top