陳旧性広範前壁梗塞に合併した心室頻拍に対するアブレーション治療において,バスケット型多極カテーテルが至適通電部位決定に有用であった1例  [in Japanese] Successful radiofrequency catheter ablation of sustained ventricular tachycardia in postmyocardial infraction (extensive anterior wall) guided by a multielectrode "Basket" catheter  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は, 65歳男性.広範前壁梗塞発症後20年を経過して発症した持続性心室頻拍 (VT) のために, 当院に入院となった.VTは薬剤抵抗性であったため, 心臓電気生理学的検査 (EPS) および高周波力テーテル・アブレーション治療 (RFCA) を施行した.左室造影では, 前壁から心尖部にかけて瘤形成が認められた.右室心尖部からのプログラム刺激により, 右脚プロック下方軸型のclinical VTが誘発された.経大腿動脈的にバスケット型多極カテーテル (MBC) を左室内に挿入し, VT中の心内双極電位を記録した.心室瘤と非梗塞部との境界である左室前壁~前壁基部において, 前収縮期電位が記録された.同部位近傍のマツピングにて, 容易に至適通電部位が判明し, VTのRFCAに成功した.MBCは, 心筋梗塞後の心室瘤を伴うVT症例においても, 安全に使用可能であった.MBCを用いることで, 至適通電部位決定に要するマツピング時間を短縮でき, VTのRFCAにおけるMBCの有用性が示唆された.

Journal

  • Japanese Journal of Electrocardiology

    Japanese Journal of Electrocardiology 21(4), 499-507, 2001-07-25

    Japanese Heart Rhythm Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008115316
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00358282
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    02851660
  • Data Source
    CJP  J-STAGE 
Page Top