12誘導心電図による流出路起源特発性心室頻拍の至適アブレーション部位の推定 : pacemappingを用いた検討 Prediction of optimal ablation site in patient with idiopathic ventricular tachycardia from both outflow tracts by a 12-lead ECG : Using pacemapping technique

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【目的】Pacemappingで得られた12誘導心電図波形を検討し, 波形の特徴から至適アブレーション部位を検討した.【方法】対象は左右心室流出路にてpacemappingを施行した10例で, pacemappingを右室流出路 (RVOT) の中隔側 (sep) , 右室流出路自由壁側 (FW) , 左室流出路 (LVOT) の左冠尖 (LCC) , 右冠尖 (RCC) , 弁下心内膜側 (LV endo) の計5ヵ所で施行した.検討項目として, 胸部誘導移行帯・V<SUB>6</SUB>誘導S波, I, II誘導R波高を用いた.これらの結果から得られた心電図波形の特徴から, 至適アブレーション部位41ヵ所をretrospectiveに検討した.【結果】心電図波形の特徴から次のようなアルゴリズムを作製した.LV endo: 移行帯V<SUB>1-2</SUB>+V<SUB>6</SUB>S波あり, LCC: 移行帯V<SUB>1-2</SUB>+V<SUB>6</SUB>S波なし+1誘導R波<0mV, RCC: 移行帯V<SUB>2-4</SUB>+I誘導R波>0.3mV, RV sep: 移行帯V<SUB>3-5</SUB>+I誘導R波<0.3mV+II誘導R波>1.2mV, RV FW: 移行帯V<SUB>4-5</SUB>+II誘導R波<1.2mV.その結果41ヵ所すべてで鑑別が可能であった.【結語】12誘導心電図の詳細な検討によって至適アブレーション部位の推定が可能であった.特に左室基部の詳細な部位決定が可能であった.

収録刊行物

  • 心電図 = Electrocardiology

    心電図 = Electrocardiology 21(6), 805-811, 2001-11-01

    The Japanese Society of Electrocardiology

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008115417
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00358282
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851660
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ