心電図スクリーニングによるBrugada症候群検診の有用性  [in Japanese] Efficacy at the ECG screening in the hospital to detect the patients with Brugada syndrome  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

当院におけるBrugada症候群の検診の有用性について検討した.対象は1997年1月から2000年6月までの間に当院にて心電図を記録した循環器内科症例を除く32, 623例 (男16, 338例, 女16, 285例, 0~104歳) である.Brugada型心電図を96例 (0.29%) に認め, coved型15例 (16%) , saddle-back型81例 (84%) であった, 男性は75例 (0.46%) で20~80歳代に0.3~0.7%の頻度で認められた, 女性は20例 (0.13%) で40~80歳代に0.05~0.3%の頻度で認められた.48例が循環器内科を受診し, 4例で入院精査を施行した.Brugada症候群と診断されたものは3例であり (受診例の6.3%) , すべて原因不明の失神発作として見過ごされていた症例であった.同時期の循環器内科初診3, 497例ではBrugada症候群は発見されなかった.以上より病院全体の心電図スクリーニングによるBrugada症候群の検診が有用であることが示唆された.

Journal

  • Japanese Journal of Electrocardiology

    Japanese Journal of Electrocardiology 22(2), 104-110, 2002-03-25

    Japanese Heart Rhythm Society

References:  12

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008115689
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00358282
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    02851660
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top