口唇裂口蓋裂患者に対する仮骨延長法の適用  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 馬場 祥行
    • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科顎顔面頸部機能再建学系専攻顎顔面機能修復学講座顎顔面矯正学分野
    • 大山 紀美栄
    • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科顎顔面頸部機能再建学系専攻顎顔面機能修復学講座顎顔面矯正学分野
    • 辻 美千子
    • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科顎顔面頸部機能再建学系専攻顎顔面機能修復学講座顎顔面矯正学分野
    • 北原 裕
    • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科顎顔面頸部機能再建学系専攻顎顔面機能修復学講座顎顔面矯正学分野
    • 黒田 敬之
    • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科顎顔面頸部機能再建学系専攻顎顔面機能修復学講座顎顔面矯正学分野

Journal

  • THE JOURNAL OF THE STOMATOLOGICAL SOCIETY,JAPAN

    THE JOURNAL OF THE STOMATOLOGICAL SOCIETY,JAPAN 67(3), 272, 2000-09-30

    The Stomatological society, Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008138107
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00302674
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    03009149
  • Data Source
    CJP  J-STAGE 
Page Top