ラット下顎切歯抜去モデル : 抜歯後の顎堤の変化を定量的に評価するうえでの有用性  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 佐藤 大輔
    • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 口腔機能再構築学系 摂食機能回復学講座 摂食機能制御学分野
    • 石岡 樹成
    • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 口腔機能再構築学系 摂食機能回復学講座 摂食機能制御学分野
    • DAMRONGRUNGRUANG Teerasak
    • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 口腔機能再構築学系 摂食機能回復学講座 摂食機能制御学分野
    • 米田 哲
    • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 口腔機能再構築学系 摂食機能回復学講座 摂食機能制御学分野
    • 黒田 真司
    • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 口腔機能再構築学系 摂食機能回復学講座 摂食機能制御学分野
    • 近藤 尚知
    • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 口腔機能再構築学系 摂食機能回復学講座 摂食機能制御学分野
    • 春日井 昇平
    • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 口腔機能再構築学系 摂食機能回復学講座 摂食機能制御学分野

Journal

  • THE JOURNAL OF THE STOMATOLOGICAL SOCIETY,JAPAN

    THE JOURNAL OF THE STOMATOLOGICAL SOCIETY,JAPAN 69(1), 51, 2002-03-31

    The Stomatological society, Japan

References:  1

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008138430
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00302674
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03009149
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top