根管象牙質に対するCO_2 レーザーおよびNd : YAGレーザー照射の比較 : 走査型電子顕微鏡観察 A comparative study of CO_2 and Nd : YAG laser on dentin layer of human root canals of permanent teeth utilizing scanning electron microscopy

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p><b>要 約 : </b>根管象牙質に対しCO<sub>2</sub>レーザーおよびNd : YAGレーザーを照射した場合の形態的変化を検索するために, 臨床的に抜歯の適応と診断された5本のヒト健全歯 (切歯および犬歯) を用いた.</p><p> 5.0 WのCO<sub>2</sub>レーザー, または, 2.0 WのNd : YAGレーザーを1~4秒間, 被験歯に照射し, 走査型電子顕微鏡で観察した. その結果, どちらのレーザー照射も直径300~400 μmの円形の陥凹を生じることが明らかとなった.</p><p> CO<sub>2</sub>レーザーを照射した試料では, 陥凹の辺縁に, 幅約30 μmにわたり, ガラス状を呈する溶解面が観察された. 陥凹の内部では, 象牙細管やクラックが明瞭に観察された. Nd : YAGレーザーを照射した試料では, 円形の陥凹の内部は溶解融合していた. ガラス状を呈する面もCO<sub>2</sub>レーザーの場合より広く, その表層には, 数個の細孔の散在, また多数の細孔の集合が, ガラス状の部分に混在して観察された. </p>

Journal

  • The Journal of Japan Endodontic Association

    The Journal of Japan Endodontic Association 16(1), 1-5, 1995-06-30

    Japan Endodontic Association

References:  18

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008153174
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10443184
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    13406248
  • Data Source
    CJP  J-STAGE 
Page Top