不正咬合が巨大なエプーリスの誘因となった1症例に対する総合治療における補綴学の役割 Prosthodontic Role in the Team Approach Therapy to Severe Epulis Caused by Malocclusion

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 野村 章子 NOMURA Akiko
    • 新潟大学歯学部歯科補綴学第1講座 Department of Removable Prosthodontics, School of Dentistry, Niigata University

収録刊行物

  • 日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society

    日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society 43(4), 757-758, 1999-08-10

    Japan Prosthodontic Society

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008174283
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00197911
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03895386
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ