接着性レジンセメントの最前線 Current New Adhesive Resin Cement

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 内山 洋一 UCHIYAMA Youichi
    • 北海道大学歯学部歯科補綴学第二講座 Department of Crown and Bridge Prosthodontics, Hokkaido University School of Dentistry

抄録

接着性レジンセメントが歯科臨床に取り入れられてすでに10年以上経過していますが, いまだに一般臨床家の間では臨床応用について情報が不足しているように見受けられます。<BR>接着性レジンセメントは開発当初からエナメル質に対し, 優れた接着性を示しましたが, 貴金属合金には特別な表面処理を行わなければならず, 象牙質に対してはあまり強固な接着とその耐久性は得られませんでした。これらの問題は種々のプライマーなどの開発によって現在ではかなり解決されておりますが, 日常臨床において多用するには, 操作性などにまだ解決しなければならない問題が残されています。<BR>そこで今回のシンポジウムは, これらの接着性レジンセメントの歯科臨床における位置付けと, 今後の期待について, 接着性レジンセメントの製造メーカーとそれを実際に臨床の場で使用している臨床医から, 日常臨床に役立つ情報を提供しようとするものです。

More than 10 years have passed since adhesive resin cements were developed and applied to daily clinic. But it seems that the information about the clinical application of these resins are not enough for general practitioners.<BR>Earlier adhesive resins had excellent bond strength to the enamel, but it was a problem that these resins showed weaker bond strength with lower adhesive durability to dentin and precious dental alloy than to enamel. Therefore many studies were done, various primers for dentin or dental precious alloys were developed, and those problems were solved to a significant extent. But for clinical use, some problems remain unsolved.<BR>In this symposium, manufacturers of adhesive resin cements and practitioners who use these in daily clinic will provide current information about newer adhesive resin cements.

収録刊行物

  • 接着歯学 = Adhesive dentistry

    接着歯学 = Adhesive dentistry 13(2), 54-58, 1995-06-10

    Japan Society for Adhesive Dentistry

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008176060
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10044236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09131655
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ