新生仔期にカプサイシン投与したマウスの侵害熱刺激応答に対する抗NGFとNGFの影響 The effect of anti-NGF and NGF on the responses to noxious heat in mice treated with capsaicin in the neonatal period

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中川 弘 NAKAGAWA Hiroshi
    • 徳島大学歯学部附属病院特殊歯科総合治療部 Center for Special Care in Dentistry, University Dental Hospital, Tokushima University
    • 樋浦 昭夫 HIURA Akio
    • 徳島大学歯学部第二口腔解剖学講座 Department of Oral Anatomy, School of Dentistry, Tokushima University
    • 久保 吉廣 KUBO Yoshihiro
    • 徳島大学歯学部附属病院特殊歯科総合治療部 Center for Special Care in Dentistry, University Dental Hospital, Tokushima University

抄録

予想に反して,生後2日目にカプサイシン(CAP)処理を行うと,マウスの後根のC-fiberは顕著に減少するのにかかわらず,侵害熱刺激に対する反応は正常であった.その矛盾の原因を検討するため,本研究ではCAP処理後の侵害熱刺激に対する抗NGFおよびNGFの影響を調べた.生後2日目のマウス(12匹)にCAP(50mg/kg)を背側皮下に単回投与した.CAP処理後5日目から30日間抗NGF(3μl/g/日)を背側皮下に連続投与した.同様に生後10日目のマウス(6匹)にもCAP(50mg/kg)を投与し,CAP処理後5日目から30日間NGF(3μl/g/日)を連続投与した.CAP処理後10日目からHargreaves法による熱刺激を,10日間あるいは20日間(投与後60日以降)毎に行い,後足を引き上げる時間(侵害刺激に反応するまでの時間)を測定した.CAP+抗NGF群とCAP群を比較すると,明らかに前者の方に反応時間の遅延が認められた.このことは,生後2日目にCAP処理するとC-fiberが減少するとともに,残存ニューロンから発芽が生じ,その発芽を抗NGFが抑制していることを暗示している.一方,CAP+NGF群とCAP群を比較すると,有意差はないが前者の方に反応時間の短縮が認められた.この理由は,生後10日目にCAP処理後の後角内での発芽がNGFにより増強されたためと考えられる.このように生後早期にCAP投与によるC-fiberの大量消失にかかわらず,侵害熱刺激に対して正常に反応する原因の一つとして,残存ニューロンからの発芽が何らかの役割を果たしている可能性が示唆された.しかし,抗NGFやNGFの単独の作用がデータに影響を及ぼしていることも考えられるため,発芽が原因であるということを証明するには,脊髄後角内での発芽を免疫組織化学的に検証する必要がある.

Unexpectedly, despite the profound loss of C-fibers in the dorsal roots of mice injected capsaicin on day 2 of life, they showed normal responses to nociceptive heat. To examine the cause of this conflicting phenomenon, we studied the effect of anti-NGF and NGF on the response to noxious heat in mice pretreated with capsaicin. Capsaicin (50 mg/kg) was injected on the 2nd day of life, and 5 days later, anti-NGF (3 μl/g) was daily injected for 30 days. Capsaicin was also injected on day 10 of life, and NGF (3 μl/g) was daily injected for 30 days from 5 days after treatment. From 10 days after capsaicin treatment, the mice were stimulated by radiant heat (Hargreaves' method) every 10 days up to 60 days and every 20 days from 60 to 80 days. The same test was undertaken in age-matched mice. Withdrawal latencies of the mice treated with both capsaicin and anti-NGF were significantly retarded compared with those of the animals treated with only capsaicin. Thus, it was suggested that the treatment of capsaicin on day 2 induces sprouting from the remaining primary sensory neurons. On the other hand, the latencies of the mice treated with both capsaicin and NGF were short compared with those of the animals treated with only capsaicin. The results may be attributed to the reinforcement of the sprouting from remaining neurons. However, we must not neglect the effect of individual treatment with NGF or anti-NGF.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 116(2), 93-100, 2000-08-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008180726
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    5418661
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ