ラット心筋 in vivo マイクロダイアリシス法 In vivo microdialysis technique on rat myocardium

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

マイクロダイアリシス法は近年めざしましい進歩をとげ, 精力的に行われているが, 心臓は他の臓器と異なり拍動するため心筋への応用は困難とされてきた. 著者の開発したマイクロダイアリシス法はプローブと心臓の動きを連動させ, プローブと組織との摩擦を除去し, 心臓に対する負荷を和らげるよう工夫したものであり, 長時間の生体物質の測定が可能である. 本稿ではin vivoマイクロダイアリシス法により心筋中に発生するラジカルの測定法, アデノシン産生によるエクト5’-ヌクレオチダーゼ活性の評価法について概説する. これらの方法によって得られたin vivo評価法は心臓疾患のメカニズムなどの解明に応用が可能で, 有益な情報をもたらすものと思われる.

The microdialysis procedure is a technique that has been established for some years. The heart, however, has several difficulties in the application of this technique. The heart is the beating in vivo, in contrast to other organs. I developed the flexibly mounted microdialysis technique, which involves the synchronized movement of the tip of the probe with the beating heart to reduce tissue injury. With this technique, it is feasible to make stable and long-term measurements of interstitial biological substances. By employing the flexibly mounted microdialysis technique, I will demonstrate that the monitoring of free radical generation and the level of adenosine measured during AMP perfusion that gives an index of the activity of ecto-5’-nucleotidase in the tissue. In the future, this technique will have versatile applications for useful studies to elucidate the actual mechanism in the pathogenesis of heart disorders.

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 118(6), 379-382, 2001-12-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008181456
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    5995050
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ