鋼構造実験情報の分散・協調型情報公開に関する研究  [in Japanese] INFORMATION SHARING SYSTEM UNDER THE DISTRIBUTED COLLABORATION ENVIRONMENT VIA INTERNET FOR STRUCTURAL STEEL EXPERIMENTS  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年のインターネット環境の発展により、研究や実験に関するデータベースのインターネット上での公開が進んでいる。これまでに開発された鋼構造実験に関するデータベースは、実験情報をデータベースの管理者が収集する必要があり、幅広く、かつ継続的にデータの提供を受けることは困難であった。そこで本研究では、研究者自らがデータの公開を行うことができ、また、利用者は情報を統一的に利用できるような分散・強調型データベースシステムの開発を行った。開発には、Web上でのデータ交換の際の標準として注目されているXMLを用い、情報を総合的に取り扱うことができ、将来的にも拡張可能なデータベースシステムを構築することができた。Sharing of experimental data on Internet can assist researchers and engineers to conduct their works. Many studies on structural steel experiment database have been undertaken. It was difficult to add data constantly, since conventional databases forced the database manager to collect experiment information. This research aims to develop the system which shares the experiment information from wide range of fields. It allows each institution to release the data under the distributed collaboration environment containing a metadata server following the Dublin Core. Accessing only a metadata server, the users are able to retrieve those data stored at the other servers.

Journal

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 703, 39-51, 2002-04-21

    土木学会

References:  25

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008219711
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10014020
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL Article ID
    6155397
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z16-6
  • Data Source
    CJP  NDL  IR 
Page Top