コヒーレンス関数を用いた曲線橋の地震応答卓越方向の推定に関する一考察 A STUDY ON ESTIMATION FOR CRITICAL DIRECTION OF DYNAMIC RESPONSE OF CURVED GIRDER BRIDGE USING COHERENCE FUNCTIONS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

曲線橋のような複雑な構造物では地震応答が最もクリティカルとなる入力方向が自明でない. そのような場合, 現在の耐震設計においては地震波の様々な入力方向に対して, 各々, 時刻歴応答解析を繰り返し行うことにより最大の部材力あるいは応答変位が発生する入力方向を探索する手法が採用されている. 一方で岡野は鉛直アレー観測によって得られた異なる深度での地震動記録のコヒーレンスを用いて, 地盤の強, 弱軸方向が推定可能であることを示している. 本研究では岡野の手法に改良を加え, 曲線橋の地震応答卓越方向の推定に適用する. また, 2つの曲線橋モデルに対して提案手法を用いて応答卓越方向の推定を行い, 推定の精度を確認した.

We present a simple method to estimate the horizontal incident direction of earthquake ground motion, which gives most severe response of a curved girder bridges: we call it “critical direction.” To find the critical direction, most of designers have to calculate dynamic responses of a structure for incident waves from various azimuth. Thus, the many resources are required for calculation. To diminish such the difficulty in numerical calculation, we improve a method proposed by Okano. He has developed a method to estimate the principal axis of the ground using coherence functions among the observed time traces of earthquake ground motion. It is concluded that the proposed method can reduce the cost for numerical calculation without a lack of accuracy.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 703, 351-356, 2002-04-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008220184
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6155805
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ