稚魚でも操作可能な高感度自発摂餌装置  [in Japanese] Development of a highly sensitive switch for fish demand-feeding system  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

自発摂餌式給餌は,魚が疑似餌に噛みつく行動と餌が貰える刺激とを結びつけて学習する能力を応用し,スイッチの先に噛みつくと給餌機が作動して餌が与えられるものである。従来のスイッチは感度が鈍いために稚魚などの小さなサイズには使用できないことや,波動などの摂餌要求以外の刺激で誤作動することが問題であった。摂餌要求を正確に把握した作動性と魚が餌を捕る行動特性に合致したスイッチを開発したことで,配合飼料に餌付く時期から出荷サイズに成長するまでの養殖の全過程で,魚の食欲に応じた残餌がなく,養殖漁場の環境改善と生産性向上が期待されている新しい自動給餌が可能になった。

Journal

  • 農林水産技術研究ジャーナル

    農林水産技術研究ジャーナル 24(3), 13-16, 2001-03-01

    農林水産技術情報協会

References:  2

  • <no title>

    鈴木伸洋

    特願平11-335901号, 1999

    Cited by (1)

  • <no title>

    鈴木伸洋

    特願平2000-236628号, 2000

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008242975
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00386754
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03879240
  • NDL Article ID
    5694778
  • NDL Source Classification
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1300
  • Data Source
    CJP  NDL  JASI 
Page Top