生物農薬「スタイナーネマ クシダイ」の大量増殖技術  [in Japanese] A technique for mass production of the biological control agent-Steinernema kushidai  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

1984年静岡県浜北市の樹木苗畑土壌からコガネムシ類幼虫に対して強力な殺虫作用を示す新種の昆虫寄生線虫が発見され,スタイナーネマ クシダイと命名された。この線虫の人工培地による増殖と低温保存は当初困難であったが,液体培地による大量増殖技術と段階的に低温に馴らして耐寒性を高めるという低温保存法を開発した。これによって,この線虫は生物農薬として利用されるようになった。

Journal

  • 農林水産技術研究ジャーナル

    農林水産技術研究ジャーナル 24(3), 21-24, 2001-03-01

    農林水産技術情報協会

References:  11

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008242982
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00386754
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03879240
  • NDL Article ID
    5694791
  • NDL Source Classification
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1300
  • Data Source
    CJP  NDL  JASI 
Page Top