カイコの作る抗菌性ペプチドをイネで発現 : 白葉枯病とかさ枯病に抵抗性を示す  [in Japanese] Transgenic expression of cecropin B, an antibacterial peptide from Bombyx mori, confers enhanced resistance to bacterial leaf blight and halo blight in rice  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

カイコから単離した抗菌性ペプチド・セクロピンの植物における有用性を明らかにするため、その遺伝子をイネに導入し、細菌病に抵抗性の個体作出に成功した。導入に際し、キチナーゼのシグナルペプチドを用いてセクロピンを細胞外に分泌するようにベクターを改変した。得られた形質転換イネは抗菌性ペプチド・セクロピンを発現しており、白葉枯病とかさ枯病に強い抵抗性を示した。これは昆虫由来抗菌性ペプチドの有用性をタバコ以外の主要作物で実証した世界で初めての例である。

Journal

  • 農林水産技術研究ジャーナル

    農林水産技術研究ジャーナル 24(3), 37-40, 2001-03-01

    農林水産技術情報協会

References:  10

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008243015
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00386754
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03879240
  • NDL Article ID
    5694823
  • NDL Source Classification
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1300
  • Data Source
    CJP  NDL  JASI 
Page Top