グリオキザール樹脂処理木材の性能  [in Japanese] Properties of wood treated with glyoxal resins  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

木材は環境にやさしい材料といわれているが、水分の吸脱着に伴う寸法変化が極めて大きいこと、耐朽性に乏しいことなどが原因で、その使用範囲は著しく制約を受けている。また、アルミニウムなどの代替材の進出にあって、用途は狭まりつつあるのが現状である。 このような状況の中で、できるだけ簡便な方法により、木材に寸法安定性と耐朽性を付与する技術の確立を目指してきた。ここでは、木綿繊維の改質剤であるグリオキザール樹脂を用いて化学修飾を行った木材の寸法安定性、耐朽性、強度等の性能や実用化例について報告する。

Journal

  • 農林水産技術研究ジャーナル

    農林水産技術研究ジャーナル 24(11), 20-25, 2001-11-01

    農林水産技術情報協会

References:  6

  • <no title>

    伊藤貴文

    木材工業 47(10), 459-464, 1992

    Cited by (5)

  • <no title>

    伊藤貴文

    奈良県林試研報 4, 40-48, 1994

    Cited by (1)

  • <no title>

    伊藤貴文

    奈良県林試木材加工資料 25, 33-36, 1996

    Cited by (3)

  • <no title>

    伊藤貴文

    材料 45(4), 390-396, 1996

    Cited by (4)

  • <no title>

    伊藤貴文

    奈良県林試木材加工資料 21, 22-25, 1992

    Cited by (2)

  • <no title>

    伊藤貴文

    奈良県林試木材加工資料 29, 24-28, 2000

    Cited by (2)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008243430
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00386754
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03879240
  • NDL Article ID
    5967590
  • NDL Source Classification
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1300
  • Data Source
    CJP  NDL  JASI 
Page Top