表面光安定化による木材の耐候性向上  [in Japanese] Improvement of weather resistance of wood by surface photostabilization  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

デッキなど屋外で使用するエクステリアウッドの需要が伸びてきているが、耐候性の低い木材は無処理では短期間で変色し、透明塗装でも数年で塗膜剥離を生じてしまうため、木材の色調を好む我が国では、木材の耐候性の向上が強く求められている。木材は紫外線を吸収しやすく、これにより劣化するため、木材表面の光安定化が重要である。木材の化学成分と反応する紫外線吸収剤を直接木材にグラフト重合させることによって、屋外での木材の光劣化を抑制できることを明らかにした。このグラフト手法を木材単板に施し、これを木材やその他のエクステリア材料にオーバーレイすることによって、木材の色調を屋外でも長期間保持できる処理技術を開発した。

Journal

  • 農林水産技術研究ジャーナル

    農林水産技術研究ジャーナル 24(11), 26-31, 2001-11-01

    農林水産技術情報協会

References:  10

Cited by:  1

  • Finishing  [in Japanese]

    KIGUCHI Makoto

    Wood industry 60(7), 335-337, 2005-07-01

    References (6)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008243437
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00386754
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03879240
  • NDL Article ID
    5967595
  • NDL Source Classification
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1300
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  JASI 
Page Top