有機溶媒処理による木材成分の分離技術  [in Japanese] Separation of wood components with organic solvents  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

木質バイオマス資源の高度利用をはかるため、有機溶媒処理による木材成分の効率的分離技術として、プロピオン酸による常圧下での連続抽出法を検討した。その結果、成分分離の難しい針葉樹材に対し、優れた脱リグニン効果が認められ、分離された成分の新規な特色を明らかにした。また、本処理がなぜ脱リグニン効率が優れているのかを究明するとともに、分離成分の特性を利用した新しい成分総合利用のための分離法としての意義について考察した。

Journal

  • 農林水産技術研究ジャーナル

    農林水産技術研究ジャーナル 24(11), 32-36, 2001-11-01

    農林水産技術情報協会

References:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008243448
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00386754
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03879240
  • NDL Article ID
    5967598
  • NDL Source Classification
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1300
  • Data Source
    CJP  NDL  JASI 
Page Top