国際共同研究の種類と内容  [in Japanese] Type of international collaborative projects and their outline  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

世界の人口は急速に膨張して既に60億に達したが、世界の穀物生産量を5年単位で見れば、1990年にピークを迎え、その後は伸び悩みが見え始めている。こうした状況のなか、わが国は世界最大の農産物輸入国であり、輸入の大半を米国など少数の国に依存しており、また国際市場の変動に影響を受けやすい。国際農林水産業研究センターは、わが国のそして世界の食料需給の安定化を視野に捉えながら、主に開発途上地域での農林水産業を巡る諸問題を解決するための国際共同研究を進めている。その種類と内容の概略を紹介する。

Journal

  • 農林水産技術研究ジャーナル

    農林水産技術研究ジャーナル 24(12), 15-20, 2001-12-01

    農林水産技術情報協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008243484
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00386754
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03879240
  • NDL Article ID
    5998268
  • NDL Source Classification
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1300
  • Data Source
    CJP  NDL  JASI 
Page Top