高騒音下の練習船機関室における実習用通話システムの構築 Construction of Radio Communication System for Training on Noisy Engine Room

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

東京水産大学では、三級海技士(航海)の養成機関として航海士を社会に送り出してきたが、平成7年度からは機関当直三級海技士(機関)も合わせて養成し、運航士教育を開始した。本学練習船においても、機関実習に関する実施方案を作成し対応したが、実習に関するノウハウの蓄積が少なく、試行錯誤の実施でもあった。なかでも、高騒音下の環境にある機関実習では、エンジニアリング手話などによるコミュニケーション手段の習得が実習効果の向上に寄与するが、それらを習得するだけの時間が確保できなかった。それゆえに、高騒音下の音声によるコミュニケーションの確立は、実習効果の向上に直結するものであり、教官-学生相互間の的確な説明、指示および質問が高い実習効果を得るものと推察される。このような背景および問題点から、本研究は高騒音下の機関室において、騒音ノイズを含まない音声通話が可能な実習用両方向無線通話システムを構築し、機関室実習に導入したときの実習効果や問題点について検証するものである。ここでは、通話システムの概要と、導入時の実習効果および問題点について報告する。

In case of fishing training vessel, the engine room is much narrower and much noisier than that of merchanttraining ship, and it is hard to hear the voices of speaker partner. Therefore, it is difficult to educate thecadets by the orals. With a view to improve the education, a experiment was conducted to evaluate a radiocommunication system for training on noisy engine room. This system consists of a noise-canceling microphoneand radio equipment, which was allowed the two-way conversation by clear voice between engineer and cadets.The results showed that this system was in a good, and the system also resulted clear voice to contribute to levelingup the training efficiency. This result suggests that this system could be utilized as a radio communication foreducation and training on engine room.

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 37(1), 29-35, 2000-07-31

    日本水産工学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008273723
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    5459747
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ