魚巣ブロックの素材が日本産ナマズSilurus (parasilurus) asotusの行動に与える影響 Effect of Materials for Artificial Fish Habitats on the Behaviour of Silurus (parasilurus) Asotus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1)日本ナマズの隠れ場を提供するための魚巣素材を検討するため、約16m(2)の円形水槽の底部を4区分し、各区分に竹筒、塩化ビニール管、コンクリート管、陶管を1本づつ配置して、各素材に対してどのような選択性を示すか実験した。2)各区の円筒管への潜入状況をみると、注水口直下の区で潜入率が低くなったが、これは、注水による震動に対するナマズの嫌忌行動に起因していると推定した。また、流速の速い区で潜入率が高くなる傾向がみられたが、これはナマズの走流性に起因していると推定した。3)円筒管への平均潜入率は53.7%を示した。素材別にみると竹筒が最も高く88.3%、コンクリート管がそれに次ぎ68.0%、塩化ビニール管と陶管は各々37.5%、21.1%とかなり低かった。4)竹筒と塩化ビニール管および陶管との間では潜入尾数に危険率5%で有意差が認められた。コンクリート管については震動の影響の強かった場所に設置した管の潜入尾数の低い値を除くと、塩化ビニール管および陶管との間の大半のケースで有意差がみられた。5)塩化ビニール管および陶管で潜入率が低下した原因については、ナマズの震動に対する微妙な嫌忌行動や居住空間の選択性が関与していると推定した。ナマズの隠れ場を提供する魚巣の性状については、震動を出来るだけ少なくすることや適正な居住空間の容積について、研究する必要があると考えた。

An experiment was conducted on the selection of artificial fish habitats by Silurus (parasilurus) asotusaccording to their materials, and the effects of such materials on their behavior. Four pipes each of bamboo, vinylchloride, concrete and ceramic were placed on the tank bottom, The number of time Silurus asotus entered thepipes of each material, as well as the number, length of stay and behavior of fish in the pipes were observed. Thepercentage of pipes entered by Silurus asotus was 53.7%. The percentage of entry by material was hichest forbamboo, followed by concrete, vinyl chloride and ceramic, The percentage of entry by two fish at the same timewas in the order of bamboo vinyl chloride, concrete and ceramic, and that of entry by three fish at the sane timewas in the order of bamboo, concrete, vinyl chloride and ceramic, Bamboo, pipes ranked the highest in all cases.The good results with bamboo pipes both in terms of the number of fish entering and the length of their stay,were presumed to be caused not only by the taxis of Silurus asotus, but also by the unique attractiveness or thenature of bamboo, which hindets transmission of sound and vibration by absorbing vibrations, however, detailscould not be elucidated in this experiment.

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 37(1), 55-62, 2000-07-31

    日本水産工学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008273756
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    5459787
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ