エネルギー評価による浦の内湾の成層強度と成層期における鉛直混合強度 Energy Evaluation of Stratification Strength and Vertical Mixing Under the Stratification Stage in Uranouchi Bay

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

湾の海水流動は大きくは1年を周期に成層と対流を繰り返す。一般的には成層期には底層は貧酸素化し、湾の生物棲息環境は極めて悪くなる。ところで、成層は海面の加熱や雨水の流入によって強まり、海面の冷却や潮汐流等による海水の鉛直混合により弱まる。このことは理解できるが、定量的評価は必ずしも明確ではない。ここでは、浦の内湾について、観測結果に基づき湾の成層と成層期における鉛直混合をエネルギー量で評価し、湾の潮汐エネルギー量と比較検討する。浦の内湾は図-1に示すように、土佐湾のほぼ中央部に位置する形状の複雑なリアス式湾で、水面積は10km(2)、水容量は8.5×10(7)m(3)、湾軸長は10kmである。湾口付近は流心部でも4mと浅く、干潮時には干潟が形成される。湾央は水深が最も深く20m、これ以奥は徐々に浅くなっていて湾奥で水深10mである。潮汐は平均潮差が1mである。

In this study, on the basis of observation data of water temperature and salinity at the center of UranouchiBay for about one-year, stratification strength and vertical mixing during the stratification period were evaluatedin terms of energy amount. Then their energy amounts were examined comparatively with the tidal energyamount of the bay. These results are described as follows :1) Stratification strength reaches the maximum of 180 Jm<sup>-3</sup> in August. This is equivalent to the energyamount that the tide works on the bay for about two hours.2) The vertical mixing energy is as much as l/260-1/2600 of the mean tidal power of the bay.3) The energy amount that increases stratification strength is l/250 of the mean tidal power of the bay.

収録刊行物

  • 水産工学

    水産工学 38(3), 217-225, 2002-02-01

    日本水産工学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008274230
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL 記事登録ID
    6139406
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ