一つの衛星を使ったドプラ型測位の精度向上について  [in Japanese] An Improvement of Accuracy by Doppler Type Positioning Used a Single Satellite  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

一つの衛星を使って移動体の位置を求める方法は2通りある。一つは衛星が発した電波を移動体が受信して測位計算を行う方法で、米国の海軍航行衛星システム(NNSS)の方式である。もう一つは移動体が発した電波を衛星が受信し、このデータを使って地上局で測位計算を行う方法で、これには遭難船の位置を知らせる非常用位置指示無線標識や、気象衛星によるデータ収集・測位システムのARGOSがある。航行中の船舶のように移動体自身が位置を知りたい場合には前者のNNSS方式がよいが、遭難船のように位置を自動的に他者に直接知らせたい場合には後者が適切である。いずれも電波のドプラー効果を利用して測位計算を行うが、測位精度はNNSSの方がはるかによい。また、後者の方法による移動体の位置を求めるには、発信器さえ正常に作動すれば、移動体の側で人手を必要としないので、ARGOSは水産や海洋の分野の調査研究に利用されている。小型発信器をウミガメ、イルカ、クジラ等の海洋回遊生物や海流調査ブイに取付け、送信される電波を衛星で受信し、陸上局で測位計算を行うことにより、海洋生物の回遊経路の調査や海潮流の流向・流速を現場に赴くことなく陸上で知ることができる。

The method to obtain the position of the measurement point by a single satellite applies to the distressrescue and the oceanic observation.The present study analyzed the improvement of the positioning accuracy by the improvement of this positioningmethod. The analysis was carried out by means of the numerical simulation. The positioning calculationwas carried out using the data of intervals of one minute when a satellite approached the measurement point.As a result, When the angle of elevation of the satellite was 80 degrees or less, the positioning error becameabout 0.2 nm (nautical mile) in the latitudinal direction and about 0.5 nm in the longitudinal direction. This is aremarkable improvement on the accuracy of the usual positioning method.

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 33(3), 185-191, 1997-03-01

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008274287
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL Article ID
    4195020
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1327
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top