食害種によるアサリの減耗  [in Japanese] Influence of Predators on Short Neck Clam Stock  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

アサリ漁場には様々な生物が生息している。食害種や競合種の存在も知られており、アサリ増殖の障害になっている。漁場の生産性を向上させるには、減耗要因を排除することが大切である。様々な要因のうち漁業者が対処できる要因は限定されており、食害種の駆除や競合種の除去が対象になる。昭和63年以降、漁場に出現する生物のうち食害種に視点をあて、アサリの減耗の実態を観察してきた。また、食害による経済的な損失を推計するために2,3種の食害生物を飼育し、アサリに対する増肉係数などを求めてみせたので併せて報告する。

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 33(3), 225-229, 1997-03-01

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  4

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008274420
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09167617
  • NDL Article ID
    4195025
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1327
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top