砂浜性二枚貝と港の関わり  [in Japanese] Relation between Bivalves in Sandy Beaches and Harbor Structures  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

北海道沿岸の開放性砂浜域には、エゾバカガイ、ウバガイ等の潜砂性の二枚貝が生息し、特にウバガイはホタテガイに次ぐ重要な漁業資源であり、多くの資源量調査が行われている。開放性の砂浜海岸には、石狩湾新港、苫小牧港等の港が建設され、建設当初から周辺環境への影響に配慮するべく様々な環境調査が行われている。また、砂浜域に港を建設すると周辺の静穏域にウバガイ稚貝の増加事例がある様に、これらの二枚貝は海岸構造物と関わりが深い生物でもある。近年、生態系の保全に配慮し自然環境と調和する港等の海岸構造物の建設が求められている。このためには、生態系への港構造物の影響を評価、予測する技術の確立が必要である。もちろん、生態系を多目的に取り扱う必要があるが、現時点では困難である。上述の様に現地データも比較的豊富で,港構造物とも関わりが深く、あまり能動的に移動しない潜砂性二枚貝、特にウバガイに着目し、港構造物との関わりを調べることは現時点では重要と考えられる。そこで本論では、まず、開放性砂浜海岸に建設された港構造物と潜砂性二枚貝、特にウバガイの生態との関わりを石狩湾新港を中心に事例的に調べる。次に、開放性砂浜域で重要となる波浪による潜砂性二枚貝の挙動と減耗についての最近の研究を紹介する。

Surf clam Psendocardium sybillae living in sandy beaches along the open sea in northem Japan is importantfishery resources. It has been found that the populations of surf clam has been increasing with the extension ofthe breakwater. In the case of Ishikari Bay New Port, one of the major factors of that increase is the formationof the calmness fields of waves and the circulation fields around the port. The behavior and mortality process oflive bivalves affected by waves was experimentally studied.

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 34(1), 79-91, 1997-08-28

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  11

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008274519
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09167617
  • NDL Article ID
    4381846
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1327
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top