相模湾で観測されたロランCのLOP歪み  [in Japanese] LOP Distortion of LORAN-C Observed at Sagami Bay  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ロランCは、位置の線(LOP:Line of Position)として、主局と従局から受信点までの電波伝搬時間差で表わされた主、従局を焦点とする双曲線を利用する電波航法システムである。搬送波である100kHzの地表波パルス信号が安定しているので、位置の信頼性が高く、漁船などにも広く普及している。1994年10月に旧ロランC北西太平洋チェーン(GRI)は、米国から日本への移管を完了した。そして新たに北西太平洋チェーンとして、主局をグアムから新島に移設し、従局を沖縄の慶佐次、南鳥島、北海道の十勝太および韓国の浦項に配置する1主局と4つの従局で構成されるシステムとして運用が開始されている。主局の移設により、従来までの利用者と局間の幾何学的配置関係が崩れたと同時に、利用者に至る地表波伝搬経路上の海、陸の分布も異なったものとなった。これに伴い、大地導電率や誘電率の変化は地表波の伝搬速度に影響を及ぼすことになり、海上伝搬を前提として算出されている海図上の時間差LOPに歪みを生じさせることとなる。その結果として、二本のLOPの交点として求める位置の精度も旧チェーン時のものとはかなり様相が違ってきていることが予想される。最近、急速に利用が拡大しつつあるGPS(Global positioning System)も本来は米国の軍事衛星であるため、将来にわたっての民間利用が完全に保証されているわけではない不透明さが残されている。

LOP (Line of Position) distortion of LORAN-C (Long Rang Navigation System-C) Northwest Pacific Chain(8930 chain) was investigated at Sagami Bay in 1996. The data of each LORAN-C station of W (Okinawa Gesasi),X (Minamitorisima), Y (Hokkaido Tokachibuto) and Z (Korea Pohang) were measured onboard a research shipunder her cruising and at a fixed point in Tokyo.Though the LOPs shown in LORAN-C nautical chart are derived theoretically from assuming the ground wave.propagation along the sea surface, if land is contained in the paropagaiton path like coastal sea area, the delay ofpropagation time called secondary factor (SF) or additional SF (ASF) occurs due to the change of earth impedanceand this leads to the LOP distortion.As the results of observation, the high repetition accuracy of 0.1μs of LOP was observed at the fixed point,and it was cleared that the large local distortion, which is caused by long land propagation and it attains to somehundred meters, are eXisting in Y and Z station's LOP at Sagami Bay. In this paper, the influence of distortion forLORAN-C positioning accuracy is discussed and the proposal to improve the positioning accuracy is made.

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 34(3), 263-270, 1998-03-01

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  9

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008274663
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09167617
  • NDL Article ID
    4474801
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1327
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top