可変ピッチプロペラ用油圧ポンプの二速化による節電効果  [in Japanese] Effect of Energy Saving of Oil-hydraulic Pump for Controllable Pitch Propeller with Dual Speed Drive System  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

半導体やデジタル技術の発展により、高性能で安価なパワートランジスタ式インバータが普及した。このインバータは、三相誘導電動機の回転速度を自在に調節できることから、三相誘導電動機の減速時における消費電力の低減が可能になった。ここで重要なことは、負荷の総仕事量が決まっている場合、減速して仕事率を低減させても運転時間が長くなるだけであり、省エネルギーは達成されない。したがって、負荷の程度に関わらず、常に定格速度で運転される三相誘導電動機においてのみ、負荷側の要求量に合致させた減速運転が省エネルギーを可能にする。そこで、著者らは機関室に設置された冷却海水ポンプにインバータを接続し、熱交換器に所要冷却水量を供給する省エネルギー対策を検証した。たとえば、主機の出入口温度差を一定に制御する主機用冷却海水ポンプ、吐出圧力を一定に制御する発電機関用冷却海水ポンプ、凝縮器の出入口温度差を一定に制御する冷凍機用冷却海水ポンプであり、いずれの場合も省エネルギー効果を確認した。

In order to apply inverter-supplied induction motor drive to oil-hydraulic pump for controllable pitch propeller,the experiment using Umitaka-maru (1829t, generator engine output 308 kW, fuel consumption 800 kg/day)was conducted to evaluate the energy saving and practicability, conceming the dual speed drive system. Theresults showed that this system on the oil-hydraulic pump was much practical use for energy saving, and thesaving fuel consumption of generator engine was estimated to be 465 kg per one cruise (93 days).

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 35(1), 17-22, 1998-07-31

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  2

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008274768
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09167617
  • NDL Article ID
    4553520
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1327
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top