付着生物によるプロペラ汚損の防止に関する研究  [in Japanese] A Study of Prevention of Fouling on Propeller Caused by Marine Organisms  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

船舶の効率的運航、いわゆる省エネルギー対策の観点から、船底およびプロペラ汚損を防止する手法の確立が切望されている。特にプロペラ汚損が船底の汚損と同程度に燃料消費量に影響することが判明してから、プロペラ汚損防止対策は緊急の課題である。プロペラ汚損の主たる要因である海洋生物の付着は、主に船舶の停泊中に起こると考えられる。そのため比較的停泊期間の長い漁船、内航タンカーおよび公官庁船等は特にその被害が著しく、なかでもプロペラは、船底の様に防汚法が確立されていないため、海洋生物が付着しやすい。海洋生物の付着は、物体表面が海水中に浸った初期に付着するスライムが誘因となる。そこでスライムの着生防止と除去対策として水噴流用ノズル内の低圧部に対し自然または強制的に通気した水中混気水噴流の利用を考えた。この構想は通気により水中噴流の掘削特性が向上し得るとの知見によって効果が期待できる。

We tried to investigate three methods to prevent the propeller of the training ship 'TENYO-MARU' frombeing fouled by marine organisms in her home port. As a result, the more effective prevention is to use at thesame time both the method of jetting seawater with copper-ion and air on the propeller boss cap, and the methodof pouring seawater with the fomer from the clearance of stem tube to the propeller boss.

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 35(1), 29-35, 1998-07-31

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  9

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008274777
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL Article ID
    4553522
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1327
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top