底質安定化マットの播種によるアマモの繁茂  [in Japanese] Flourishing of Zostera marina L. by Artificial Seeding on "Sediment Stabilizer Mat"  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

徳島県鳴門市の櫛木地先では、海岸の北方に瀬戸内海東部の播磨灘が広がっている。(Fig.1)櫛木地先では、自然海底と漁港内でのアマモ分布特性の調査結果から、北西からの冬季の季節風による波浪で砂泥移動を含む砂泥攪乱が生じ、その結果、水深数mという比較的浅所におけるアマモの分布が制限されることが示唆された。砂面の変動幅は、アマモの種子の発芽には2~3cm以下が、草体の生残には10cm以下が望ましいとされている。それ以上の砂面の変動が見られる海底で新たなアマモ場を造成するためには、櫛木漁港内にアマモが自生する例から、潜堤などの大規模な海岸構造物を構築することも重要であろう。一方、大規模な海岸構造物の構築を伴う波浪の制御では、周辺海域での環境変化も考慮すべきであることから、海底での砂泥移動を含む砂泥攪乱を局地的に制御する技術の検討も、一層重要となっている。筆者らは、波浪・流動によって生じる砂面の変動を緩和する工夫を施し、なるべく管理しないで持続性の高いアマモ場の造成技術の開発に資する目的で研究を進めている。砂泥の移動を含む砂泥攪乱を局地的に制御するための今までの研究では、フェンスやブロックを設置しても、逆に、施設周辺で洗堀が激化するなど、期待通りの効果を得られていない。しかし、今回、新しく作成した、砂泥攪乱を緩和し砂面高を安定化するマットを用い播種することで、冬季の最大有義波高2m、砂面高の変動幅10cmに達する本地先において、マット上で1.5年に渡りアマモの繁茂を持続させた。そこで、その概要を報告し、今後のモニタリングを含む調査研究法について検討した。

The flourishing of the seagrass, Zostera marina, was performed by using artificial seeding method on apolypropylene mat. The commercial mat as 'sediment stabilizer mat' was used to decrease sediment disturbanceon the sand substratum off Kushiki, Naruto, Tokushima. The polypropylene mat (1mx1m, 4cm, 23 and 31kg ofweights) were made of pemeable meshes. The plants of Z. marina seeded on the mats, flourished successfullyfor one and half years under the terrible environmental condition at 2m (H1/3) wave height and 10 cm fluctuationof the natural sand bottom level in the winter season. Its shoot density on the mats was observed todecrease after maximum individual shoots (87 shoots/m2) in the first summer season. Such monitoring of growingZ. marina plants on the mats is required for promoting the methodology establishing seagrass beds.

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 35(1), 37-42, 1998-07-31

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  27

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008274787
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09167617
  • NDL Article ID
    4553523
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1327
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top