ディファレンシャルロランCの試み  [in Japanese] A Trial of Differential LORAN-C  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ロランC海図には、ロランCの搬送波である100kHzの地表波が全て海上を伝搬すると仮定して時間差が計算され、位置の線が描かれている。ところが実際の伝搬経路は海陸混合である場合が多く、経路上の導電率、誘電率が海と陸で異なることから、陸上伝搬においては搬送波の位相遅延が生じて、これがLOP誤差の主たる原因となっている。先に、著者らは、海陸混合伝搬がLOP誤差に及ぼす影響を調べるため、相模湾での実測調査を実施して、長距離の陸上伝搬経路を有する局では数100mに達するLOP歪みが存在することを報告した。陸上伝搬を余儀なくされがちな沿岸海域で見られる多大なLOPの歪みは、地表波を利用するロランCの宿命とも言える。このLOP誤差の補正無しにはロランCの測位精度の向上は望めない。一方、ロランCは、狭い範囲の地域内であれば、各局からの電波伝搬経路がほぼ等しく、LOP誤差を計測するディファレンシャルロランC用の基準局近くの移動局で計測された局地的なLOP誤差に共通誤差成分が多く含まれていることが予想される。この近距離内での誤差の共通性を利用すれば、ディファレンシャル補正の効果が十分期待できるはずである。

To improve the positioning accuracy of LORN-C Northwest Pacific Chain (8930 chain), the differentialcorrection method was proposed in this paper and tried at Tateyama Bay in 1997. The reference station whichmeasures the correction value of LOP (Line of Position), was set at the land fixed point being not far fromobservation sea area.The large local LOP errors l.56μs in Y station (Hokkaido) and 2.48/`S in Z station (Korea) were observed.It is thought that these errors were caused by the change of SF (Secondary Factor) with long land propagation ofground wave. By using the differential correction, the LOP errors were decreased to 14.7% in Y station and26.9% in Z station. From this result, the efficiency of differential method was verificated.

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 35(2), 85-92, 1998-12-01

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  1

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008274835
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09167617
  • NDL Article ID
    971204
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1327
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top