水中マイクロスコープの試作とその操作試験結果  [in Japanese] On the Prototype Construction and Sea Tests of an Underwater Microscope  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

サンゴ礁海域では貧栄養であるにもかかわらず、礁内の海域は多彩な生物相を持ち、そこには独特の物質循環過程が存在する。ほどんどのイシサンゴ目や半数以上の八放サンゴ類は、その組織の中に共生関係にある褐虫藻(ゾーザンテラ)と呼ばれる微細な藻が存在し、サンゴ礁生態系の高い生産力の維持に寄与している。サンゴが褐虫藻からもらい受けるエネルギーの約50%はサンゴの呼吸や成長にあてがわれるが、残りは粘液として体外に分泌される。この粘液を食べる動物は多く、海中を漂う動物プランクトンの食料ともなっている。この様なサンゴ近傍の状況やサンゴの微細構造を現場海域で拡大観察できる装置があれば、新たな現場観察手法が提供されることになる。しかし、今まで水中で使用できるスチルカメラやビデオカメラは比較的古くから開発や市販されてきたものの、高倍率で水中生物を拡大観察でき、しかもビデオ画像で記録できるものは著者らが知る限り存在しなかった。そこで今回現場海域でサンゴを拡大観察し、ビデオ画像として記録することができる水中マイクロスコープ(水中で使用可能な顕微鏡)を試作した。本報では水中マイクロスコープの仕様、操作性およびその撮影試験結果について報告する。また、サンゴの観察以外の応用例についても検討したのでこの結果についても併せて報告する。

Research and development work on an observational technique for diagnosis and evaluation of coral reefactivity is currently underway at JAMSTEC. An underwater microscope has been developed for in situ observation of corals. This paper describes the design specifications, construction, operational tests, and tests resultsfor the underwater microscope.During the tests with the underwater microscope, it was possible to conduct observations of corallites,septas and the tentacles of a polyp. Moreover, by connecting a time-lapse video cassette-recorder, it was alsopossible to monitor the growth process for algae. It was found that the video cable must be extended for furtherimprovement of operability. However, this would require significant improvements because of resulting sigrlalattenuation and phase delay.

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 35(2), 153-158, 1998-12-01

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008274925
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    09167617
  • NDL Article ID
    971445
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1327
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top