養殖生簀筏枠に作用する波強制力と流体力係数の推定 Theoretically Prediction of the Wave Exciting Force and Hydrodynamic Coefficients on a Raft for an Aquacutural Net Cage

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では筏式養殖施設の耐波安定性に関する検討やそれらの最適な設計指針を得るため、養殖施設の筏に作用する波強制力、付加質量係数および造波減衰係数を理論的に算定することを試みた。筏の形状は一般的な10m×10mの筏と大型養殖施設を想定したバージタイプの筏枠である。同時に筏の構成部材単体に作用する波強制力、付加質量係数あるいは造波減衰係数の算定結果をたし合わせることで、全体に作用するこれらの諸量を推定することも可能か検討を加えた。算定の結果、従来型筏枠、バージタイプの筏枠とも波強制力、付加質量係数および造波減衰係数は入射波周期によって大きく変化することがわかった。また、部材単体に作用する力をたし合わせて推定する場合、鉛直方向の波強制力についてはある程度推定可能となるが、それ以外については一体物として算定した結果との間に大きな違いがあることが分かった。

Journal

  • Fisheries engineering

    Fisheries engineering 35(3), 271-281, 1999-03-01

    日本水産工学会

References:  4

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008275092
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09167617
  • NDL Article ID
    4804332
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1327
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  JASI 
Page Top