波動下におけるブロック型藻留施設の適用限界  [in Japanese] Functional Limit of Block-type Drift-algal Traps under Waves  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

大型海藻はアワビおよびウニの重要な餌料である。しかしその大半は波浪などによって漁場から流れ藻として流出していると考えられ、構造物による流れ藻の滞留が東北地方太平洋岸を中心に試みられてきた。藻留施設は、流動制御によって流れ藻を滞留させるブロック型と流れ藻自体の移動を止めるスクリーン型に大別される。従来の藻留施設の多くは、コンクリートブロックまたは石材を連ねて構築した構造物で、流れ藻の捕捉は主として流れの遮蔽効果に因ると考えられる。しかし現地調査では施設の周辺で流れ藻の滞留が観察されないことが多く、その適用限界の解明が必要とされてきた。ブロック型藻留施設の効果については、これまで定常流中における川俣・萩野、川俣の実験的研究があり、施設の下流側に流れ藻が捕捉される機構と、その滞留限界が明らかになっている。しかし設置が求められている領域は、一般に波動が卓越する浅海域であり、従来の実験結果が適用できる場合は限られている。波動下における藻留施設の効果については、著者の一人が速報した実験があるが、充分な検討がなされていない。本論文では追加実験によりデータの補強を行い、波動下におけるブロック型藻留施設の適用限界をより精度良く推定する方法を示すとともに、現地での観測事例と比較してその妥当性を検討した。

Trapping drift algae can be a useful engineering technique of enhancing habitats for commercially importantabalone and sea urchins because most of food algae may be swept out of their nearshore habitats by waves.However, many attempts with artificial barriers made primarily of concrete blocks and quarry rock have failed totrap drift algae because drift algae can be easily raised over barriers by turbulent water flows caused aroundthem. This paper describes a mathematical method of predicting the wave-induced velocity at which drift algaebegin to pass over the block under waves. A scale-model experiment in a wave channel shows that the dimensionlessvelocity limit, defined as the ratio of the velocity amplitude limit to the fall velocity of drift algae, increaseswith the ratio of the block height to wavelength. A good agreement was found between velocity amplitude limitpredicted from the empirical equation and that observed in a field experiment.

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 36(1), 11-19, 1999-07-15

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  10

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008275149
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09167617
  • NDL Article ID
    4818641
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1327
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top