ウニの逃避防止用エアポッケトフェンスの効果について  [in Japanese] The Effects of Air-Pockets Fence to Obstruct Escaping of Sea Urchins  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

北海道ではエゾバフンウニやキタムラサキウニなどのウニ類を対象とした種苗放流や漁場造成が積極的に推進されているが、地域によっては十分な成果が得られていない。そのため比較的静穏な海域に稚ウニを集約的に放流し、給餌を行って育成する場を作ること、ウニが逸散しないようなフェンスを設けることなどが提案されている。また、ウニの食害による磯焼け現象が進むことも懸念されているため、ウニの行動領域を制限する安価で耐久性のあるフェンスの開発が強く要望されている。著者らは前報でエゾバフンウニやキタムラサキウニが逃避不可能なフェンスを開発するための基礎的な資料を得ることを目的に、フェンスの部分的模型を用いた室内水槽実験によって材質の違いや壁面に対する行動特性を調べた。その結果、材質や壁面の幾何学的構造のみに依存した逃避防止用フェンスを開発することは困難であることが明らかとなった。そこで本研究では、より逃避抑制効果の高いフェンスを開発するためFig.1に示すようなエアポケットフェンスの効果を検討した。

It is demanded to develop the durable and reasonable fence to obstacle the movement of sea urchins, becauseof releasing intensively and breeding sea urchins in calm sea areaIn present study, we made an experiment to develop the fence which can obstruct those escaping effectively,and investigate the efficiency of the fence which has the air-pocket.It was found that sea urchins did not wholly expose themselves in the air, and also they did not expose theirtube feet which can cling substrates. Both northem sea urchins and shortspined sea urchins twenty-five were putin the air-pocket fence, and stood for 72 hours. As the experiment result, there was no sea urchin escaping overthe air-pocket fence at all.

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 36(1), 71-74, 1999-07-15

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  2

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008275229
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09167617
  • NDL Article ID
    4818702
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1327
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top