アワビ増殖場造成について  [in Japanese] Reclamation and Enhancement of Fishing Ground of Abalon  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

増殖場造成の目的は、親魚または幼稚仔の増加及び生存率の向上、餌料の供給等による成長の促進等のための漁場を整備開発することにより、生産量の増大を図ることにある。新海洋法秩序のもと、「つくり育てる漁業」の推進の重要性はますます増大してきている。沿岸海域の環境を積極的に改善し、水産生物の生産性向上を目指す増殖場造成には大きな期待が寄せられている。もちろん、沿岸域の環境の維持・保全・改善は不断に大切である。本報文では、まず始めに増殖場造成の基本的考え方について説明し、次にアワビ増殖場造成について説明する。

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 36(2), 203-206, 1999-11-15

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  8

  • <no title>

    中村充

    改訂水産土木学-生態系海洋環境エンジニアリング, 1991

    Cited by (2)

  • <no title>

    農業土木学会水産土木研究部会

    水産土木ハンドブック'80版, 1980

    Cited by (1)

  • <no title>

    増殖場造成指針作成委員会編

    増殖場造成指針, 1982

    Cited by (2)

  • <no title>

    沿岸漁場整備開発事業施設設計指針編集委員会編

    沿岸漁場整備開発事業施設設計指針, 1993

    Cited by (2)

  • <no title>

    アワビ増殖技術研究会

    アワビ文献抄録集, 1995

    Cited by (1)

  • <no title>

    水産庁漁政部企画課

    水産統計指標, 1997

    Cited by (1)

  • <no title>

    青森県

    アワビ種苗放流マニュアル, 1990

    Cited by (2)

  • 第4編増殖場造成

    (社)全国沿岸漁場整備開発振興協会

    沿整施設管理 技術者育成研修会テキスト(固定化), 1998

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008275423
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    09167617
  • NDL Article ID
    4944383
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-1327
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top