港内直立壁に形成されるカジメ群落の構造  [in Japanese] Structure of Ecklonia Cava Community on the Upright Seawall Inside Harbour  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

カジメ群落が成立する岩礁域周辺の港や防波堤の直立壁に、安定した群落が形成され、多くの生物が蝟集することがあるが、詳細についての報告例はない。その群落構造を把握することは、生物共存型構造物の設計あるいは既設構造物の有効利用に役立つものと考えられる。今回、港内直立壁に形成されたカジメ群落の構造を調べたので報告する。

Journal

  • Journal of Fisheries Engineering

    Journal of Fisheries Engineering 36(2), 215-216, 1999-11-15

    The Japanese Society of Fisheries Engineering

References:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008275448
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10278554
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    09167617
  • Data Source
    CJP  J-STAGE  JASI 
Page Top