海水電解処理による海生生物付着防止の現状  [in Japanese] Anti-marine-biofouling by Seawater Electrolysis  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

海生生物付着防止のポイントは, バイオフィルムの形成抑制である事に着目して, 海水電解生成次亜塩素酸塩の注入後の形態を明らかにし, それらの殺菌力からバイオフィルム形成の抑制を検討した. その結果, 現状の極低濃度の海水電解処理では, 殺菌力は弱いながらも付着細菌の分裂を抑制して, 細菌の増殖に伴う急速な生物汚損を防いでいると推定した.<BR>海水電解処理により生成するトリハロメタンは, 放水口において水道水の規制値の1/50以下であり, 放水口より排出後短時間のうちに減少して, 取水海水と同じレベルであると推定した. また, 塩素代替処理剤として研究されているオゾンや過酸化水素は, 放水口における残留酸化力の強さから, 安全性への配慮がまだ不十分である.<BR>現時点で, 極低濃度の海水電解処理が最も安全な化学的方法であり, 今後の適用や運用上の留意点を提言としてまとめた.

Journal

  • Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan

    Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan 50(5), 305-311, 1996-10

    The Society of Sea Water Science, Japan

References:  20

  • <no title>

    ROOK J. J.

    Water Treatment and Examination 23, 234, 1974

    Cited by (1)

  • <no title>

    川辺允志

    電気化学 61(1), 41, 1993

    Cited by (1)

  • <no title>

    伏谷伸宏

    無公害生物付着防止シンポジウム予稿集 45, 1995

    Cited by (1)

  • <no title>

    村山智正

    電気化学協会第62回大会講演要旨集 200, 1995

    Cited by (1)

  • <no title>

    高橋勘丈

    おもしろいバイオ新素材のはなし 197, 1995

    Cited by (1)

  • <no title>

    WHITE G. C.

    Handbook of Chlorination, 1972

    Cited by (1)

  • <no title>

    日水体育施設協会

    水泳プール(体育施設全書第4巻) 20, 1970

    Cited by (1)

  • <no title>

    桑原連

    水処理技術 27(1), 3, 1986

    Cited by (1)

  • <no title>

    APHA.

    Standard Methods for the Examination of Water and Wastewater 325, 1975

    Cited by (1)

  • <no title>

    CLARK N. A.

    International Conf. Water Poll. Research, 1962

    Cited by (1)

  • <no title>

    小暮一啓

    海洋生物の付着機構 146, 1991

    Cited by (1)

  • <no title>

    清野通康

    無公害生物付着防止シンポジウム予稿集 1, 1993

    Cited by (1)

  • <no title>

    大沢利昭

    53年度厚生省環境衛生局委託研究

    Cited by (1)

  • <no title>

    熊井一馬

    電力中央研究所報告 281045, 1982

    Cited by (1)

  • <no title>

    熊井一馬

    電気化学協会海生生物汚損対策懇談会セミナー「クロリネーションの過去と現在」予稿集 84, 1986

    Cited by (1)

  • <no title>

    佐谷戸安好

    水質汚濁学会講演集 22, 391, 1988

    Cited by (1)

  • <no title>

    宮原邦之

    火力原子力発電 38(9), 927, 1987

    Cited by (1)

  • <no title>

    宮原邦之

    火力原子力発電 38(11), 1205, 1987

    Cited by (1)

  • Scanning of periphyton repellents using Mytilus edulis.  [in Japanese]

    伊奈 和夫 , 衛藤 英男

    KAGAKU TO SEIBUTSU 28(2), 132-138, 1990

    J-STAGE  Cited by (6)

  • Reactivity of Chlorine and Water Chlorination  [in Japanese]

    SAWAMURA RYOJI

    Eisei kagaku 26(2), 63-73, 1980

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (2)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008280111
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0018645X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    03694550
  • NDL Article ID
    4045609
  • NDL Source Classification
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL Call No.
    Z15-47
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top