円石藻Emiliania huxleyiのセレン要求性と生育培地の選択 Requirement of Selenium for the Growth and Selection of Adequate Culture Media in a Marine Coccolithophorid, Emiliania huxleyi

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

円石藻<I>Erniliania huxleyi</I> の培養において, 自然海水および市販の数種の人工海水培地のみでは非常に低い生育速度しか得られず, 微量要素の添加が生育速度の増大に不可欠であった. 添加培地としては, ESM培地 (岡市ら1982) およびK(培地 (Keller ら1987) の有効性が高く, f/2培地 (Guillard ら1975) およびPES培地 (Provasoli ら 1957) の有効性は低かった. ESM培地から土壌抽出液を除いた場合, 自然海水ではその生育に対する影響は見られなかったが, 人工海水では, Jamarin S, SeaLife, MarineA 順に生育速度が低下した. Marine Art SF の場合, ESM培地から土壌抽出液を除去したことによる生育の抑制はセレンの添加によって回復した. 土壌抽出液およびセレン無添加培地で1回継代することにより, 生育は完全に阻害 された. 以上の結果は, この円石藻種の生育にセレンが不可欠であり, ESM添加培地中の土壌抽出液をセレンで置換できることを示している. 3種のセレン化合物の至適濃度は各々異なり, SeO<SUB>2</SUB>及びNa<SUB>2</SUB>SeO<SUB>3</SUB>の場合は1-10nM, Na<SUB>2</SUB>SeO<SUB>4</SUB> の場合は1μMであった. セレン欠乏状態が進行するに伴い生育が次第に抑制されたが, 細胞当たりの光合成<SUP>14</SUP>CO<SUB>2</SUB>固定速度はセレン欠乏の影響を受けず, 光合成以外の要因が生育阻害の原因であることが示された.

Suitable culture medium for the rapid growth of a coccolithophorid, <I>Emiliania huxleyi</I>, was found to be either natural or artificial seawater enriched with Erd-Schreiber's medium (ESM) and Keller's medium (K). Guillard's f/2 medium and PES (Provasoli's enriched seawater) were less effective. When ESM without soil extracts was added as an enrichment, algal growth was partly suppressed in the artificial seawater of Jamarin S, Sea Life and Marine Art SF, in this sequence. The suppression of growth by the removal of soil extracts was also checked by the addition of selenium. These results suggest that selenium is essential to the growth of <I>Emiliania huxleyi</I> and soil extracts in the ESM enrichment can be replaced with selenium. Both selenium dioxide and sodium selenite were more effective on growth than was sodium selenate below 0.1 mM-level. The optimum concentrations were 1-10 nM for SeO<SUB>2</SUB>and SeO<SUP>2-</SUP><SUB>3</SUB> and above 1 μM for SeO<SUP>2-</SUP><SUB>4</SUB>. In contrast to the growth, the rate of photosynthetic <SUP>14</SUP>CO<SUB>2</SUB> fixation in <I>Emiliania huxleyi</I> was not affected by the depletion of selenium, indicating that the suppression of growth may not be due to the inhibition of photosynthesis.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 53(6), 476-484, 1999-12-01

    日本海水学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008283950
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    4928320
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ