高脂血症がブタの右心房ペーシング負荷に対する心血管系反応に及ぼす影響  [in Japanese] Effects of Hyperlipidemia on Cardiovascular Responses to Atrial Pacing in Piglets  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 桑原 正貴 KUWAHARA Masayoshi
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科比較病態生理学教室 Department of Comparative Pathophysiology, Graduate School of Agriculture and Life Sciences, The University of Tokyo
    • 菅野 茂 SUGANO Shigeru
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科比較病態生理学教室 Department of Comparative Pathophysiology, Graduate School of Agriculture and Life Sciences, The University of Tokyo

Abstract

ブタの冠循環動態を含めた心血管系機能の特性を明らかにするために,心筋虚血誘発法として虚血性心疾患の診断や実験に使用されている,右心房ペーシング負荷を行うことによって,冠循環を含めた心血行動態の反応に関して高脂肪食給与による影響に関して検討を加えた。セットアップ完了時の対照値は,高脂肪食群に比べて対照群の方が高値を示す傾向にあったが,いずれのパラメーターにも有意な差は認められなかった。ペーシングによる影響についてみると,MAPとLVSPは両群ともにペーシングによって低下する傾向が認められたが,その程度は高脂肪食群の方が大きかった。一方,LVdP/dt maxとCBFはペーシングによって初期には両群とも増加する傾向が認められたが,高脂肪食群ではその増加が小さく,しかもペーシング開始60-120秒後にはもとのレベルまで戻った。しかし,両群ともにいずれのパラメーターもペーシング前値に比べてペーシング中および終了後の値に有意な変化はみられなかった。<BR>心臓の収縮力とそれに必要な基質およびエネルギーを運搬する冠血流量との間には密接な関係があると考えられることから,心収縮力(△%LVdP/dt max)と冠血流量(△%CBF)との相関関係をもとめた。対照群では有意な相関関係がみられが,高脂肪食群ではその様な関係は認められず,心臓の仕事量に相応する冠血流量が供給されていないことが示された。以上の結果から,高脂肪食を給与することによって冠循環に対する予備力が低下するために,右心房ペーシング等の負荷に対する心血管系の抵抗力が減弱するものと考えられた。

This study was designed to assess the effect of hyperlipidemia on cardiovascular responses including coronary circulation to atrial pacing in a porcine model. Four-week-old piglets were divided into two groups; one fed a control diet and the other was fed an atherogenic diet for 8 weeks. Cardiovascular responses were evaluated to atrial pacing from simultaneous recordings of femoral arterial pressure, left intraventricular pressure, differential value of left intraventricular pressure, and coronary blood flow. It was found that no significant difference in the baseline values of cardiovascular function was observed between the control and hyperlipidemic groups. However, 1) the decrease in arterial blood pressure and left intraventricular systolic pressure to atrial pacing in the hyperlipidemic group was larger than those in the control group, 2) the increase in maximum differential value of left ventricular pressure (LVdP/dt max) and coronary blood flow to atrial pacing in the hyperlipidemic group was smaller than those in control group, 3) significant correlation did not exist between the percent changes in coronary blood flow and LVdP/dt max in the hyperlipidemic group. These results suggest that the functional reserve of cardiovascular system was diminished by the hyperlipidemia.

Journal

  • Advances in Animal Cardiology

    Advances in Animal Cardiology 30(1), 7-13, 1997-06

    Japanese Society of Veterinary Cardiology

References:  24

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008287102
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10192925
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09106537
  • NDL Article ID
    4258733
  • NDL Source Classification
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL Call No.
    Z18-1508
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top