肺の聴診 : 呼吸音の分類を中心に  [in Japanese] Pulmonary Auscultation  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 竹村 直行 TAKEMURA Naoyuki
    • 日本獣医畜産大学獣医内科学教室 Department of Veterinary Internal Medicine Nippon Veterinary and Animal Science University

Abstract

1.臨床の現場で様々な弊害が出る可能性があため,呼吸音の分類および表記法を統一する必要がある。<BR>2.正常呼吸音の特徴を解説した。これらの音は減弱しても増強しても異常所見として扱う必要がある。<BR>3.人医学では,乾性および湿性ラッセルはそれぞれ連続性ラ音および断続音と表記法が改められつつある現状を述べた。また各ラッセル音の発生機序および特徴を簡単に要約した。<BR>最後に,本稿が混乱する呼吸音の分類および名称を整理・理解する一助になれば幸いである。

Journal

  • Advances in Animal Cardiology

    Advances in Animal Cardiology 30(1), 21-26, 1997-06

    Japanese Society of Veterinary Cardiology

References:  3

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008287142
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10192925
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09106537
  • NDL Article ID
    4258735
  • NDL Source Classification
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL Call No.
    Z18-1508
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top