くり返す発作性の帯状絞扼感に対し,acetazolamideが著効した多発性硬化症の一例 Beneficial effects of acetazolamide on paroxysmal attacks of girdle sensation in multiple sclerosis

この論文をさがす

著者

    • 浜崎 真二 HAMASAKI Shinji
    • 長崎大学医学部附属病院第一内科 The First Department of Internal Medicine, Nagasaki University School of Medicine
    • 古屋 孝文 FURUYA Takafumi
    • 長崎大学医学部附属病院第一内科 The First Department of Internal Medicine, Nagasaki University School of Medicine
    • 調 漸 SHIRABE Susumu
    • 長崎大学医学部附属病院第一内科 The First Department of Internal Medicine, Nagasaki University School of Medicine

収録刊行物

  • 臨床神経学

    臨床神経学 38(7), 697-699, 1998-07-01

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008322860
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00253207
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0009918X
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ