多発脳神経障害のみを呈し,血清抗GQ1bおよび抗GT1a IgG抗体上昇のみられた非典型的Guillain-Barre症候群の1例 A case of atypical Guillain-Barre syndrome exclusively showing multiple cranial nerve palsy with an elevation of anti-GQ1b and anti-GT1a IgG antibodies

この論文をさがす

著者

    • 大堀 展平 OHORI Nobuhira
    • 広島赤十字・原爆病院神経内科 Department of Neurology, Hiroshima Red Cross Hospital and Atomic Bomb Survivors Hospital
    • 大田 典也 OHTA Michiya
    • 広島赤十字・原爆病院神経内科 Department of Neurology, Hiroshima Red Cross Hospital and Atomic Bomb Survivors Hospital

収録刊行物

  • 臨床神経学

    臨床神経学 38(9), 843-845, 1998-09-01

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008323347
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00253207
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0009918X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ